HEART OF YOGA

HEART OF YOGA

突然ですがみなさん。ヨガの経験はありますか??

 

わたしがヨガに出逢ったのは今から15年前。LAに移住して直ぐの頃で学校のクラスで取ったのがきっかけでした。

ハタヨガからスタートし、アシュタンガやヴィンヤサ、ヴィクラムにクンダリーニまで幅広く様々な流派を経験。

筋トレや激しいワークアウトが好きなので、ヨガをメインにしていたわけではないのですが、年に数回はドロップインでクラスを取っていました。

中でも一番のお気に入りはワークアウトや筋トレ要素の高い、アシュタンガベースのかなりハードなヨガ。

そのようなコアを鍛える”筋トレ”的なハードなヨガは、わたしの中ではヨガの動きを取り入れた“WORKOUT”として捉えています。

LAではダンベルを持って行うコアを重点的に鍛えるヨガもあり、個人的にはかなりお気に入り。笑

 

このように、ヨガには様々な流派(スタイル)があることはみなさんご存知かと思います。

また、同じ流派でもインストラクターによって教え方はもちろん違います。

それこそインストラクター個人の”スタイル”があるので音楽も違えばフローも違う。

一番大事な”呼吸”のインストラクションのタイミングもインストラクターによって違いますよね。

ヨガのレッスンを受けていて、

インストラクターのカウントと呼吸が合わない・・・

ペースが早くて(遅くて)ついて行くのが大変・・・

このポーズツラい・・・

みんなとポーズが違う気がする・・・

など。

とにかく自分と“何かが合わない”。そんな経験をしたことはありませんか??

 

そんな方におススメしたいのが“Heart of Yoga”(ハートオブヨガ)です。

 

Heart of Yoga

 

Heart of Yogaとは、『現代ヨガの父』とも呼ばれるクリシュナマチャリア師の元で学び、彼の教えにインスパイアされたLA在住のマーク・ウィットウェルによって創られたヨガのアプローチの一つ。

アシュタンガ、クンダリーニ、陰ヨガ、パワーヨガなどのヨガの流派(スタイル)ではなく、アプローチなので、どのスタイルのヨガを行っていても、Heart of Yogaの原理を当てはめる事ができます。

そして、この原理を当てはめる事によって『自分だけのヨガ』を発見出来るのがHeart of Yogaの最大の魅力なんです。

Heart of Yogaの原則は、現代ヨガの父、クリシュナマチャリア師の教えからきているのですが、欧米では2大ヨガ流派とされ、今や世界中に広がっているアシュタンガ(ヴィンヤサ)ヨガの創始者であるパタピ・ジョイスと、アイアンガーヨガの創始者であるBKS・アイアンガーも師は同じ、クリシュナマチャリア。

同じ師から学んだのに全く異なるタイプの流派が出来上がったのはクリシュナマチャリアが年齢や体型、体力、骨格、性格や個人の心のキズまで全てを考慮して個人に合ったオリジナルのヨガを指導したから。

 

異なる個人の可能性や本質を引き出すためには、その一個人に合わせたヨガを教えなくてはいけない』

というクリシュナマチャリヤの教えに強く影響を受けているHeart of Yoga。

最大の魅力は、どんな流派の方でもHeart of Yogaを取り入れるだけで『自分だけのヨガ』に出会う事が出来るところ。

 

Heart of Yogaの大原則、一番大切なポイントは自分の呼吸に合わせてポーズをすること。

“呼吸”こそが全ての体の動きの源なのです。

本来のヨガは『内観』『自己対話』

ポーズそのものの“形”ではなく、ポーズをしている自分自身が“何を感じているか”が大切。

 

“The right yoga for each person.”

(人にはそれぞれその人にあったヨガがある)

“There is a right yoga for each person no matter who the person is.”

(たとえそれがどんな人であろうと正しいヨガは1人にひとつしかない)

 

この世に同じ人なんていません。人の数だけヨガがある。

かつて、クリシュナマチャリアは弟子たち1人1人に合わせ、その人に合ったヨガを”1対1″で教えていました。

それこそが本当のヨガであり、ヨガの本来あるべき姿なのです。

この伝統的なヨガの手法を加える事により、今、みなさんがしているプラクティスが『自分の物』になります。

誰かのプラクティスに自分が合わせるのではなく、『自分オリジナルのヨガ』

本来、ヨガとは誰かの為の物ではなく、自分自身の為にあるものなんです。

自分の呼吸を大切にすることは自分自身を大切にすることでもあります。

 

“Heart”は英語で物事の中心、大切な物、という意味があります。

Heart of Yogaの名前に込められた意味。

それは“ヨガの本質(最も大切な物)”

 

そんなHeart of Yogaを実感するのには、毎日7分だけでいいんです。

自分の呼吸に合わせ、自分が”心地良い”と感じるヨガをする。

Heart of Yogaのプラクティスをすることは自分としっかり向き合うという事。

『自己対話』『内観』です。

心地良さを感じながら自分自身をしっかりと見つめ、何が自分にとって必要かを知る。

それは、自分が望む理想の人生をクリエイトすること。

 

 

Heart of Yogaで自分だけのヨガ、始めてみませんか??

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です